全周回転掘削機の拡底掘削

EAGLE-GZ工法

・全周掘削工法でドリリングバケット(軸部)、EAGLEバケット(拡底部)で掘削が可能。
・ケリーバ―を使用するため、必要最低限のケーシング長さで大深度の軸部掘削が可能。
・ハンマーグラブを必要としないため、低振動(50dB程度)、低騒音(70dB程度)で施工可能。
・地下水位以深の掘削は、浮力の影響を受けず施工効率が一定。



EAGLE-GZ工法のメカニズム

・増速機・ケリーバ―を用いた掘削。
・全周回転掘削機でケーシングを回転させ、ケーシングに取り付けた回転治具で増速機を回転させる。
・増速機のギア比により、ケーシングの約3倍の回転数でケリーバ―が回転する。
・ケリーバーに伝わるトルクは全周回転掘削機の約1/3まで減少する。


EAGLE-KZ工法

・全周掘削工法でドリリングバケット(軸部)、EAGLEバケット(拡底部)で掘削可能。
・確かなトルクの伝達、軟岩掘削に有効。
・ハンマーグラブを必要としないため、低振動(50dB程度)、低騒音(70dB程度)で施工可能。
・地下水位以深の掘削は、浮力の影響受けず施工効率が一定。



EAGLE-KZ工法のメカニズム

・係合接合治具を用いた掘削。
・係合接合治具は、ケーシングチューブと機械的に接合される。
・ケーシングの回転によりドリリングバケット、EAGLEバケットで掘削する。
・油圧がいらない機構。
・全周掘削機のトルクがダイレクトにバケットに伝わり、施工性が向上する。





EAGLE-GZ、KZ工法の活用

既存構造物の撤去⇒場所打ちコンクリート拡底杭の施工


EAGLE-GZ、KZ工法による施工


・障害撤去後の埋戻しが不要。
・障害撤去と杭施工の連続工事が可能。
・機械の入れ替えが不要。
・障害撤去後、全周回転掘削機で軸部掘削拡底掘削が可能。
・地下水位以深で浮力の影響を受けず、施工効率が一定。
・低振動、低騒音の施工が可能。



従来技術による施工



・障害撤去後の埋戻しが必要。
・障害撤去と杭施工の工事が2期に渡る。
・機械の入れ替えが必要。
・工期、工費が2回分。
・ハンマーグラブで軸部を施工する場合は、地下水位以深において、浮力の影響を受け、施工効率が下がる。
・ハンマーグラブの施工は、振動・騒音が問題となる場合がある。
・軸部掘削後の拡底掘削は、アースドリル機で施工。