EAGLE耐震杭


施工上の性能証明


ケーシング併用工法の施工手順例(腐食代1mm)パワージャッキを使用しなくても施工可能
軸部はアースドリル工法、リバース工法およびオールケーシング工法で施工
標準タイプ鋼管先行建込タイプ

同時建込み工法の施工手順例


D+100mm:杭頭掘削径
D:鋼管径、軸部掘削径


確かな水平耐力の確保


特徴
鋼管鉄筋コンクリート構造による利点
@杭頭拡大しなくても小断面で大きな曲げ、せん断耐力が得られ、発生杭頭曲げモーメントも小さくなる。
A保有耐力が大きくなるので、地震時の安全性が向上する。
B密な鉄筋の配置を避けることができ、信頼性の高い抗体の築造が可能となる。
C平鋼管を用いるので、寸法、材質の制約が少なく、設計の自由度が広がる。


平鋼管による鋼管場所打ちコンクリート杭(EAGLE杭頭工法)

鋼管端部に溶接鉄筋を用いることで鋼管と鉄筋コンクリートの耐力の累加式が適用できる。


設計上の性能証明

・一次設計は、従来の耐震場所打ちコンクリート杭と同等。
・二次設計の性能証明を取得。
・FC=21〜45N/mm^2(コンクリート)、SD295〜490&D19〜51(鉄筋材質&径)、φ600〜2500&t=6〜25mm(鋼管径&厚)




自由度の高い平鋼管選択



鋼管の外形・暑さの標準寸法



PDF 鋼管の外形・厚さの標準寸法表

裏付けされた水平耐力の向上