杭の鉛直載荷試験(押込み試験)

 システム計測(株)では,日本最大の載荷桁を所有しています。 スパン13mで,最大荷重60,000kNの載荷が可能です。

試験目的

 鉛直載荷試験は,鉛直に設置された杭に軸方向押込み力を加える静的試験です。
杭の限界支持力,許容支持力を直接的に確認すると共に,杭の先端抵抗と摩擦抵抗さらに沈下量に関するデーターを得て,杭基礎の性能設計に反映することを目的とします。

試験方法および装置

 試験杭上部に設置した加力装置により,試験杭に載荷荷重を加えます。
試験装置は,加力装置・反力装置および計測装置によって構成されています。スパン13mで最大60000kNまで載荷可能です。

載荷装置の例

加力装置の例 計測機器の例
測定項目の例
杭頭荷重
(試験杭,反力杭
ロードセル
杭頭変位
(試験杭,反力杭
変位計
杭先端変位 変位計
杭体ひずみ度 ひずみゲージ,モールドゲージ,鉄筋計等

データ整理および分析

 データー整理では,杭頭部および杭先端の荷重−沈下量関係,杭のひずみ度分布を用いて,以下のような分析を行います。