構造物の耐震調査および診断

構造物の耐震調査および診断  既設構造物の耐震性の判定を行うために,耐震調査/耐震診断を行います。  また近年,既設杭の非破壊試験による性能判定を行って,性能が良好であれば既設杭を再利用することも行われています。  システム計測(株)では,構造物や杭あるいは地盤アンカーの耐震調査工事や,それらの結果に基づく構造物全体の耐震診 断を実施しています。

耐震調査の項目

耐震調査では,構造物の常時微動測定による振動特性の調査やコンクリートの試験鉄筋の腐食調査などがあります。また杭の非破壊試験を実施すると,杭を掘り出さずに杭全長に亘る健全性を調査することが可能です。

 調査項目  システム計測(株)所有機器
常時微動計測 同データレコーダー
 動歪アンプ(9ch)
 ペンレコーダー 
杭の健全性調査(非破壊試験,中性化試験)
*下記参照
IT-SYSTEM
コンクリートのコア採集・圧縮試験 コア採集機(φ50〜φ200 ダイヤモンドビット)
コンクリート厚さ(厚み、剥離、空隙)測定 iTECS-5
コンクリートの非破壊試験
 ,中性化試験
コンクリート非破壊試験器
 シュミットハンマー
 プロフォメーター4 (鉄筋探査機) 
鉄筋腐食試験
 構造物のキレツ調査
 その他  マイクロレベル計 (1/10m/m 精度)
 ブレーカー・高速カッター・吹付機・他

杭の健全性調査(非破壊試験,中性化試験)

既設杭の再利用のために,健全性試験を行って杭の性能評価を行った例です。

テストハンマー試験
IT試験
IT試験では,杭頭部をハンマーで軽打し,その反射波を解析することによって,杭地中部のひび割れの有無,発生箇所などを調査します。
コンクリートの中性化試験
 杭コンクリートの中性化度合いを調査し,コンクリートの耐久性や強度などを調査します。